ライザップ・ワークアウトを比較!

ライザップ・ワークアウトの口コミ・効果・料金・予約・食事制限

ライザップ蒲田店の店舗情報・口コミ!

更新日:

ライザップ蒲田店の所在地・営業時間

【店舗情報】
東京都大田区蒲田4-30-10 CUBE’S 601号室

【営業時間】
7:00~23:00

【地図】








【アクセス】
蒲田 ライザップ
東口を出て野村證券と三井住友銀行の間の道を直進します。
蒲田四丁目の交差点まで直進しましたら、信号を渡り右折します。


ライザップ 蒲田
20mほど進むと左手に白いマンションが見えます。
そちらのマンション「CUBE'S」601号室がRIZAP蒲田店です。







ライザップ蒲田店は30日間無条件全額返金保証です

ライザップ ワークアウト

短期間で肉体改造ともいえるほど、見違えるようスタイルに変身させ、
世間を圧倒させていることでおなじみの『ライザップ』。

全国的に店舗数もどんどん拡大していて、
どんどん痩せている方を増やしているパーソナルジムです。

なぜ、ライザップだけがこんなにも凄いのか?

体を鍛える、トレーニングするといっても、筋肉量、脂肪など、
人それぞれ違いますので、みんなと一緒のことをすれば痩せる!
というものではありません。

『みんなと同じ筋トレをしているのに私だけ効果が出ない!』
これは筋トレあるあるですよね。

ライザップでは、ダイエットの専門家たちの経験、研究成果を基に
プログラムが考えられているほか、
その人にあったトレーニングメニューを作成してくれます。


でも、トレーニングはきついんでしょ?

と思っている方もいるかもしれませんが、
ライザップでのトレーニングはけして大変ではないと思います。

なぜならライザップでのトレーニングは・・・

1日50分の週二回
だからです。

毎日走ったり、毎日筋トレする、その必要はまったくありません。

たった1日50分の週二回のトレーニングです。

そのメニューで二か月という短期間で結果を出すので、
どれだけトレーニングメニュー、パーソナルトレーナーが優れているか?分かりますよね?

ライザップで試すなら・・・

ライザップ30日間返金保証
今がチャンスかもしれません。
現在30日間の無条件、全額返金保証がついています。

プログラム開始から30日間であれば、無条件で全額返金を保証する制度を採用しています。

私は痩せなかったら???という心配をしている方も、
安心してトレーニングに励むことができると思います。

もしそれでも心配な方は、一度無料相談をしてみてくださいね。
また申し込むにしても、まずは無料カウンセリングから受けてみて下さい。








ライザップ蒲田店で理想的な背中を手に入れよう

ライザップでしばしばする下半身のトレーニングのなかに、
パーソナルトレーナーに足を持ってもらった上で、
足を徐々に持ち上げていくというものがあります。

このトレーニング法は、追い込みをかけやすいために、
前半はともかくとして、トレーニングの終盤になる頃には、
このトレーニングが有用となってきます。

ライザップ 効果
パーソナルトレーナーの存在がない、普通のジムなどでは、
マシンを使用してこのようなトレーニングを行うのですが、
このようなトレーニングのことは一般的にはレッグカールと言われています。

このようなトレーニングでは、ハムストリングスを鍛えることが可能です。

ライザップの方法では、パーソナルトレーナーによるアイソメトリックとなることから、
とても自由自在に負荷を調整してもらえるために、追い込めるばかりか、調整の細分化も可能です。

そのやり方とは、まず、ベンチにうつ伏せに寝て、
カラダが動かないような状態にした上で、パットに足をかけていきます。

このようなマシンには、実に同種のものが存在しており、立ったままで行うタイプや、
ベンチが平べったいものから、曲がるものまで、などといったような感じです。

そして、腰が浮いてしまわないように留意しつつ、
足にかけたものを持ち上げていきましょう。

持ち上げた後、戻す際には、急に戻すことのないようにしましょう。

パットを上げていく時に注意すべき足の状態とは、
つま先は上げた状態にして、足はちょうど「く」の字のようにします。

パットの位置はアキレス腱に当てるのですが、持ち上げられる終点まで、
ちゃんと持ち上げることが重要です。

途中までしか持ち上げないのであれば、その効果は半減することでしょう。

他方、ライザップでは、ダンベルを使用するトレーニングも当然やっていきます。

そのなかで、背筋のなかでも、
三角筋及び広背筋を重視して、鍛えていくものがあるのですが、
これはリアレイズと呼ばれています。

このトレーニングの効果とは、まず、前のめりになった状態から、
ダンベルを後ろ側にもっていくことから、背筋のみならず、
肩の周囲をもトレーニングすることが可能であり、
相当立派な背中を形成することが可能です。

このトレーニングの注意点とは、ダンベルを後ろにやるときに、
腕が横に広がらないようにすることです。


なぜなら、このトレーニングの目的は背中を鍛えることであって、
腕が横に広がってしまえば、背中の筋肉を鍛える効果が薄れてしまうからです。






 




-ライザップ 蒲田, 関東

Copyright© ライザップ・ワークアウトを比較! , 2018 All Rights Reserved.